まみがおか内科 院長 北出です。

 

最近、量販店やドラッグストアにて安価なCOVID-19 PCRキットが販売されており、これに対するお問い合わせが増えております。

 

これらのキットの特徴は以下のようです。

#3800円〜と非常に安価である

#キット内に含まれている唾液採取容器に唾液を入れ、検査会社に郵送すると、PCR検査が行われ、結果がメールで届くシステムになっている

#結果は陽性、陰性の判定ではなく、高リスク、低リスクの判定(確定診断はこれらのキットでは行われない)

 

まとめると、医師を受診して正式な診断を受ける必要性が高いか、低いかを判定する事が目的のようです

検査内容を詳細に把握していないのであくまで推測ですが、検査精度の根源となるプライマーの設計や検査液のは恐らく全国一律ではないかと思われますので、精度面での心配は少ないのではないかと予想します。課題は、郵送が必要な分判定まで日数が掛かることと、高リスク判定された場合は医師を再診しないといけないところではないかと思われます。

これらを勘案しますと、店売りPCRキットは、無症状かつ個人的判断で現在のCOVIDー19感染リスクを判定する分にはコスパが高い方法かもしれないなと感じます。一方、例えば会社で陰性証明が必要な場合には適していない(診断確定が行われませんので)かもしれません。

また、発熱や感冒症状がある患者さんに関しては、医師がCOVIDー19感染の可能性があると判断した場合は公費負担(検査の自己負担はかかりません)でPCR検査が受けられますので、まずはお電話でご相談いただき、公費負担PCRの適応があるかどうか検討されることをお勧めいたします。

当院では公費負担PCRに関しては検査当日中に結果報告をさせていただいております。自費PCRに関しても、キャパシティー的に可能な限り当日報告を試みております。